55one

ゆきですヽ(*´∀`*)ノ

今回も明るく楽しく
心を込めてお届けいたしますよ~♪


突然ですが・・・


「フルーツバスケット」という
漫画をご存知ですか?


いきなり何の話?
なんて言われそうですが(笑


私がかなりハマった漫画なんです。
最近また復刻版が出ているようですし、
すごく人気のある漫画だと思います。


どんな漫画かは、
是非、読んで頂きたいのですが。


その漫画のいろんな場面で
人としての考え方とか
自分自身を見つめ直すきっかけ
たくさん頂きました。


その中でも、
ずっと心に残っている場面があって、
ちょっとご紹介したいな~と思うんです。


読んだことがある方は、
タイトルでピンッと来たかもしれませんね(*^^*)


フルーツバスケットの主人公は
「透(とおる)」という女の子です。

彼女は両親を亡くし、
縁あって同級生の親戚のお家に
居候させてもらっているのですが、


彼女が高校卒業後の進路の事で

「ちゃんと就職できるだろうか?」
「きちんと自活できるだろうか?」

と、不安になっていた時に
居候先の家主が彼女にかけた言葉が
今でも私の中に残っています。


ザックリと要約してご紹介しようかと
思ったのですが・・・

やっぱり全文載せる事にしました(笑

考えて不安になった時は
考えないのが吉なんだよ

たとえば透君が山のような
それはもう、足許まで溜まって
身動きできないほどの洗濯物に
囲まれてしまったとしましょう?

しかも洗濯機がなくて
一枚一枚、手で洗わなきゃいけない

透君は途方に暮れる

「本当に全部洗濯出来るかな」
「キレイにできるかな」
「満足のいく結果を
 自分はちゃんとだせるのかな」

って、考える度、不安になってくる


けれど時間は刻々と過ぎていく


さて、透君はどうするべきか


とりあえず、足許にあるものから
洗濯してみるといいかもね


先を気にするのも大切だけど
先ばかり見てると足許の洗濯物に
足がからまって転んじゃうでしょう?


『今』や『今日』
何ができるか考えるのも大切


そうやって一枚一枚洗っていけば
なんだかあっけないくらいにアッサリと
お天道さまがのぞいていたりするものだから

不安は、それでもこみあげてきたりするけど
そういう時は、ちょっと一休みするんだよ

本を読んだり
TVを観たり
みんなで素麺食べたりしてね

出典:高屋奈月 漫画『フルーツバスケット』8巻46話




アフィリエイトをしていると、
たくさんのやらなければいけない事で
溢れかえることがあります。


やりたい事もやらなければならない事も
それはそれは一杯に・・・。


そんな時に

「どうしよう」
「本当にこなせるのかな?」
「自分にできるかな?」

と、不安になってしまう事もあると思うんです。


初心者の頃だったら、
自分には到底難しそうな作業が目の前に
たくさん立ちはだかります。


ブログを作って、記事を書いて、
商品の紹介記事を書いたり、
メルマガを発行したり・・・


自分にはとっても難しいことのように
感じる事が多くあると思います。


それでも、ひとつずつひとつずつ
自分の足許にある課題から
丁寧にこなしていけば、きっとその内に
ブログを作ることも、記事を書く事も・・・
気が付けば出来るようになっていたりするものです。


先を見ることも大切ですが、
まずは足許の、自分にできる事から
ひとつずつひとつずつやっていきましょう♪



そうすれば、
気が付いた時にはお天道さまがニッコリ
微笑んでくれているはずですよヽ(*´∀`*)ノ


私はいっぱいいっぱいになった時、
いつもこの言葉を思い出して、
作業をひとつずつコツコツやる事にしています。


あなたも一緒にコツコツ、
頑張りましょう(*^^*)