【賢威8】子テーマの導入方法

WordPressでテーマを使ってブログやサイトを運営するなら、子テーマを使う事をオススメします。


スノウ

今回は子テーマの導入方法を解説していきます。


記事では賢威8の子テーマ導入方法を解説しますが、基本的な導入方法は他の子テーマでも一緒です。

賢威8 子テーマの導入方法

  1. 親テーマと子テーマをそれぞれ準備しましょう

  2. 子テーマの解凍(展開)をします※親テーマは圧縮ファイルのままでOKです
  3. 解凍(展開)した子テーマのフォルダ内の「style.css」を開いて、赤枠部分を親テーマの名前に変えて保存します


    親テーマの名前はフォルダ名からわかります

    これで事前準備は完了したので、次はWordPressにテーマを設定しましょう

  4. まずは、WordPressに親テーマを設定します
    「WordPressのダッシュボード⇒外観⇒テーマ⇒新規追加」から、親テーマを「有効化」します
  5. 次にFTPで子テーマをアップロードするために、FFFTPでWordPressのテーマがあるディレクトリを開き、②で準備した子テーマをアップロードします(今回はFFFTPを使用)

  6. WordPressのダッシュボードから「外観→テーマ」に進み、賢威8の子テーマを「有効化」します
    これで、子テーマの導入が完了です

おわりに

子テーマの導入方法はいかがだったでしょうか?

シートの記述を変えたり、FTPを使うとなると敬遠しがちですが・・・やってみれば、そうでもなかったかも。という事は結構ありますよね。

子テーマの利用も初めは複雑に感じますが、慣れてくれば便利さが勝りますので、ぜひ活用してくださいね!